FC2ブログ
プロフィール

みどりなくらし

Author:みどりなくらし
こんにちは♪みどりなくらしです。
私たちは、川崎で
『子育て世代の方に心豊かなくらしを提案』をテーマに、季節を楽しみ、食べることやエコなくらしのことを発信しています。
主に、武蔵新城にある「NAYA ~enjoy space~」で活動しています。
☆mail☆
midorinakurashi@gmail.com
☆Home page☆
https://midorinakurashi.jimdo.com/

facebook
おしらせ♪

みどりなひろば5月~赤ちゃんと防災について~

みなさん、こんにちは
今日はいいお天気でしたね

鹿島田のキッズステーションゆうで、5月のみどりなひろばを行いました!
障害を持つ子どものデイサービス施設の空いている午前中に、
月に一度、やっていますよ☆

今日は…「赤ちゃんと防災について
参加者の方と考えてみました。

先日も、地震がありましたね…
いつかの時に、知っておくといいかもです。

1463560484809.jpg


まずは、赤ちゃんといえば、オムツ

1463560508208.jpg

避難用具に、オムツをセットしていても、持って避難できなかったり、
支援物資がすぐに届くとは限らず。
そんな時、レジ袋とタオルなどがあれば、簡易的にオムツが作れます。

作り方はこちら

今日は、赤ちゃんが授乳して間もなかったので、
ぬいぐるみで実演しました(#^.^#)

そして、なかなかお風呂にも入れないので、
先日の多摩川キャンプで教えていただいた
ペットボトルのシャワー
これはペットボトルのキャップにいくつか穴を開けるだけ。

災害時も水は貴重で、少ない水でも
汚れた部分を洗うことができます。

そしてもうひとつ、
お役立ちアイテムは手ぬぐい

1463560451757.jpg

横から切れることもでき、いざというときは
細く切って繋げて、おんぶひもにしたり、
オムツにも使えます。
普段からハンカチがわりに使ってもいいし、
万能アイテム

そして、参加者のママと
防災のあれこれについておしゃべりしました。
いつ災害に遭うかもしれず、
本当は遭いたくないけど、
小さな子どもを守らなければいけない私たち。
日ごろから防災について備えておきたいですね。

次回は、6月15日(水)
かわさき折り紙で色輪っかつなぎとおひるねアートを行います(#^.^#)

みどりなくらしはこれからも、
子育て世代の方に心豊かなくらしを提案します。
スポンサーサイト



TAMAGAWA CAMP

こんにちは!
今日もいいお天気

自然豊かな多摩川で、災害時に必要なスキルと地域の連携を
楽しく学べるTAMAGAWA CAMP
万が一の時に物資が届くまでの72時間、自分達の力、
もしくは地域との連携を活かして生き延びる技術を楽しく学ぶ。
STEP CAMP 寒川さんのワークショップに参加しましたヽ(^。^)ノ

img1463303046515.jpg

ミッションはこれ
時折り吹く風が心地よい川原でした。

img1463296202239.jpg

落ちている薪を集める→太さ別に揃えておく。
多摩川の水を、石とペットボトルで作った装置でろ過する。
鍋で煮沸して殺菌する。
その鍋で、ジップ袋に入れた米と水を煮る。
そうすると、美味しいごはんが炊けるのです
衛生的、使う水が少ない、汚れ物が少ない。。。
いいことばっかりです☆

img1463296100444.jpg

そして、すぐれもののKelly Kettle
牛乳パック1枚で、500mlのお湯が沸かせます。
燃えかすもほとんど残らないのです。

img1463295954414.jpg

他にも、Snow Peak さんによるテントの張り方、
いろんな団体の出展もありました

img1463296393672.jpg

このきりんさんは、木質ペレットのストーブです。
首の部分が煙突になっていて、熱が効率よく回るしくみです

img1463296131680.jpg

そして、川崎野菜たっぷりのお弁当

img1463296246042.jpg

熊本で地震を体験された方のお話を聞きました。
とっさの時は、何もできないそうです。
日ごろからの備えと心の準備、命が助かったあと、どうやって生き延びるか・・・
今のうちから知恵を蓄積していくこと。
楽しみながら、クリエイティブに、みんなで考えていきたいと思いました。

みどりなくらしはこれからも、
子育て世代の方に心豊かなくらしを提案します。





みどりなくらし

ダブルケア座談会

本日、ミューザ川崎シンフォニーホール 研修室にて
ダブルケア座談会を開催いたしました。

参加者3人のほか、
テレビ神奈川と毎日新聞社から取材の方も含め、
アットホームな雰囲気で、お話しました。

1463232805754.jpg

育児と介護を同時進行にこなしていかなくてはいけない
状況にいる方は、潜在的にいるのだろうけど、
表面に出てこなくて、困っている人はたくさんいるのだろうと思います。

もしも自分がその立場になったら・・・
今、介護の現場で起こっていること、
親が介護を必要とすることになったら、
まず何をすれば、どこに問い合わせたら?
などなど、
介護の現場で第一線でお仕事をしている方に
アドバイスをいただき、
後半は終了時間を過ぎても話が尽きませんでした。

★次回は、6月18日(土)てくのかわさきで開催します。

なお、このダブルケア座談会、秋に開催予定の学習会・シンポジウムは
28年度かわさき市民公益活動助成金交付事業として行われます。

みどりなくらしはこれからも、
子育て世代の方に心豊かなくらしを提案します。

こすぎの大学~武蔵小杉と多摩川~

こんにちは!
このところいいお天気が続いていますね。

昨日は、「こすぎの大学~武蔵小杉と多摩川~」に参加しました。
こすぎの大学は、
大人から子どもまで、武蔵小杉に住まわれている方、勤められている方、
地元が大好きな方たちが集まる、自由で広く楽しく学んでつながる、“学び舎”です。

20160513194732.jpg


第36回の今回は、
「武蔵小杉と多摩川」と題して、STEP CAMP代表 寒川一さんが先生役。
311東日本大震災から5年が経ち、また、4月14日には熊本では大きな地震があり、
災害被災時への準備が大切だと実感している中、
ステップキャンプでは体験型「防災キャンププログラム」を通じて
災害被災時に役立つアウトドアのノウハウを楽しく実践的に伝え続けていらっしゃいます。

img1463176473320.jpg

先日参加した「川崎モラル」でもお話をお聞きしましたが、
楽しみながら備えるということ。
想像と創造で、普段のくらしの中から、いざという時のために使えるものを探しておく。

ジップ袋はご飯が炊けるし、牛乳パックは燃料になる。
防水のボトルは、緊急のトイレがわりにも・・・
エコノミークラス症候群は、トイレにいきたくないから水分を取らなくて、
ということが一番大きな原因だそうです。

そして、グループごとのワークショッブでは、
明日から何を備えるか
グループごとの発表を行いました。

img1463176235459.jpg

私たちのキーワードは、「知恵を備える
災害の時は、どこにいるかによって対応が違いますよね。
その時どうすればいいか?日ごろから考えておくことも必要です。
また、道具を使いまわすことも大切です

13227236_774232199344935_1444633374314486329_o.jpg

人が共に用いるのが、備えるということ、
日ごろから地域のコミュニティをしっかりと作っておくのも、
防災にはとても重要だということが話されました。

15日には、多摩川の河原で、TAMAGAWA CAMPも行われます。
災害を乗り越える知識を楽しく身につけるイベントです
http://tamagawa-camp.net/

そして、5月18日のみどりなひろばでは、
災害時に、赤ちゃん連れの方にちょっと役立つ裏技のお話もいたしますよ。
詳しくは、HPを見て、ぜひ来てくださいね

みどりなくらしはこれからも、
子育て世代の方に心豊かなくらしを提案します。





カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる