FC2ブログ
プロフィール

みどりなくらし

Author:みどりなくらし
こんにちは♪みどりなくらしです。
私たちは、川崎で
『子育て世代の方に心豊かなくらしを提案』をテーマに、季節を楽しみ、食べることやエコなくらしのことを発信しています。
主に、武蔵新城にある「NAYA ~enjoy space~」で活動しています。
☆mail☆
midorinakurashi@gmail.com
☆Home page☆
https://midorinakurashi.jimdo.com/

facebook
おしらせ♪

都市農業活性化連携フォーラム キックオフ

みなさん、こんにちは!

今日は、てくのかわさきで行われた
都市農業活性化連携フォーラム キックオフ に参加してきました

昨年4月に制定された「都市農業振興基本法」に基づき、
今年の5月には「都市農業振興基本計画」が策定されました。
川崎市では、今後10年を見据えた農業振興の指針として、
「川崎市農業振興計画」を策定し、川崎の農業を次世代に引き継ぐことを目標に、
新たな施策展開をしていこうとしています。

img1467027582542.jpg

生産者や農業関係者、企業や活動団体、行政の人など、
総勢150人ほどの参加でした

第1部フォーラムでは、まず、福田市長が主催者挨拶をされました。
違うように思えるものの連携により、新しい価値が生まれ、
いろんな主体が重なりあって、川崎の農業はこれから発展していくと思われる。
この集まりが、それを生み出す第1歩になるということでした。

セレサ川崎農業協同組合代表理事副組合長 の原修一氏からは、
来賓あいさつとして、川崎の農業の特徴について話がありました。

次に、川崎市経済労働局長 原田津一氏から、「川崎市の都市農業について」
農地は、農地として相続されないこともあり、どんどん減ってきていますが、
この頃は、減少率が下がってきたそうです。
ここ数年は、地産地消の動きが盛んで、学校給食などでも扱われている。
また、国の方針転換で、都市農地は「宅地化されるもの」から、
「都市にあるべきもの」と位置づけられたということです

事例報告① 「農業と福祉の連携事例」
社会福祉法人はぐるまの会の福田真さんから
障がいを持つ方たちの、きちんと出荷できる農産物生産の取り組みです。

DSC_3162.jpg

7月23日に、ここでピザづくりの企画を行います

事例紹介② 「農業者と連携した地産地消の取り組み事例」
一般社団法人カワサキノサキの山本美賢さん
武蔵小杉駅や地域のおまつりで、地域のママたち一緒になって野菜を売る取り組み。
レシピ提案もあります

DSC_3163.jpg

またまた、よくご一緒している人。。。
なんか、真剣に話をしているの始めて見ました(笑)

事例紹介③ 「産学連携による農業分野へのICT活用事例」
(株)ルートレック・ネットワークス 佐々木伸一 様
水やりや肥料の管理をコンピューターで行う取り組みです。

そして、三浦副市長から、これからの期待が話されました。

DSC_3165.jpg



第2部の意見交換では、異業種の人たちでいろんな話をしました。
まずは、福田市長の挨拶から・・・

DSC_3171.jpg

禅寺丸柿ワインも・・・

img1467026233274.jpg

普段、話をすることのない方同士の農業の話、盛り上がりました。
工業分野がどうやって農業と関わろうか、器具ですかね?
なんて話もされていました

私たちも、食と農、生産と消費をつないで、川崎の農業を活性化していきたいです
子どもたちに伝えることと共に・・・

DSC_3170.jpg

これから、第2回、3回と行われていくそうです。
新しいことが生まれていきます

img1467026316149.jpg

福田市長のジャイアンキッスも


みどりなくらしは、これからも
子育て世代の方に心豊かなくらしを提案します。









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる